在来種のお茶
自然派ナプキン
泡工房
書籍
[LEFT_POLL]
 
 
 
 
 
 
[TOKUTOKU]
2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2024年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
ご来店者様数:
お知らせ
2024/01/052023/12/30配信:★ 縄文時代は愛に溢れていた? ★

日の出


 

こんばんは。

ヒクシポワタの橋本と申します。


いよいよ今年も残すところわずかとなりました。

年越しの準備は出来ましたか?
片付けもそこそこにして、ゆったりとお風呂に
浸かって一年の疲れを落としてくださいね。



さて、歯のお話しは来年に回して、今日は
愛に包まれた縄文時代の話題です。


最近知った、ある人のお話しがとても素晴らしいと
思ったので共有させて頂きます。

私は以前の発信で、敗戦前に教えられていた日本の歴史を勉強する
ことで、若者や子供達が祖先に誇りを持てる。
それが日本をより良くしていくためには、何より大切だと
考えていくつかお伝えしてきました。

もちろんそれは今でも変わっていません。
子供達が「ひいじいちゃん凄い!あんな風になる!」と
考え、目標を持つことで、日本がより良くなっていく。

しかし今日の話題は、もしかしたら歴史を紐解かなくても、
子供達が祖
や日本に誇りを持てるのでは無いか?

そう感じることが出来るかも知れません。


とある日本人が、一生懸命にそのことを伝えて
います。

その人の名は「ペンキ画家ショーゲン」。

Youtubeで一生懸命発信してらっしゃいます。
かなり沢山のお話しがあります。
 → ショーゲンさんのチャンネル
# 今年中に26万人の登録を目指しているそうですので
# よろしければ登録お願いします。
# 26万人とは、縄文時代の最大人口だそう。

その中でも私が特に強く「凄い!」と感じた内容を
お伝えしてみます。


先ず、どういう人か?
ショーゲンさんは、どちらかというと控え目で、
目立ちたくないと思っている、真面目な静かなサラリーマン
だったそうです。
ある日、ティンガティンガという絵画に出会い衝撃を
受け、画家になると決意。
翌日には会社を辞めてアフリカに旅だったそうです。
普通じゃ無いように見えますが、人は何かに強く突き動かされると
突然大胆な行動をとるのでしょう。

ティンガティンガの画家になるために、単身アフリカに
渡り、ご縁を頂いたのはタンザニアのブンジュ村という
わずか200人の村です。
その村でペンキ画家の勉強をするのですが、そのブンジュ村と
いう村は、外国人は誰も入ったことが無く、ショーゲンさんが
日本人として初めて入ったそうです。

なのに、縄文時代の生き方が色濃く残っている。
(どんな? → 動画や書籍を調べてみてね)

例えば、竪穴式住居に住んでいて、家の中に座ると目線が
大地の高さに来て、アリンコや虫たちと同じように感じる
事が出来て、虫や植物とお話しが出来るとか。

植物にも命があり、人間と深く関わり、人間の言葉や心に
反応してくれる。
外国人の感覚はよく分かりませんが、日本人ならごく自然に受け入れることが
できる事だと思います。

この感覚は、日本人のもつ「血の記憶」即ちDNAが憶えているからだと
言うんです。
縄文時代は、1〜1.5万年も続き、大地・植物・虫など大自然から
ずっと愛され続けられていて、その「愛された記憶」が日本人の
DNAに記憶として残っていると。

だから、日本人は落とし物の財布を見たら「困っているだろうな」と
感じることが出来るのだと思います。
愛されている事を知っているから、優しくなれて、相手をおもんばかる
行動を取ることが出来る。


それと、血の記憶。
どう表現してよいか分かりませんが、今まで生きて来て何となく「あ、知ってた」
と感じたことありませんか?
初めてなのに何故か懐かしかったり、デジャブじゃ無いのに何故か
知ってた様な。
理屈じゃ無いけど、妙に腑に落ちたり。

また血の記憶は、隠され忘れてしまっている能力を呼び起こす
こともあります。

ショーゲンさんはこの村人と生活することで、忘れてしまった本来の日本人としての
能力を思い出して行きます。

そのひとつに私がとても感動を受けたお話しが「虫の音が音楽に聞こえる」
というものです。
以下の動画を見れば、分かりやすいかと。

 → ショーゲンさんの動画

多くの外国の人は、虫の音が雑音としか聞こえないらしいのです。
コオロギや鈴虫の鳴く音は、季節を体の奥から感じたり、心が安まりますよね。
あれが「タダの雑音」?

いやいや、しっかり心地良い音色に聞こえます。

これは、科学的にも調査して分かっていることですが、知人の外国人に
日本で一度「どんな音?」とか聞いてみたら面白いですね。
(実際に聞いてみたら、メールくださいね〜、お待ちしてます)

日本人というか、母国語が日本語の人が虫の音をメロディとして
聞こえる。という事が研究で分かっているそうです。


日本人が虫の音をメロディとして聞き分けることが出来る訳ですが、
更にですよ、虫たちとお話しが出来ると言うんです。

お話しと言っても、
 私「今日あついよな〜」
 てんとう虫「ほんまやな」
という分かりやすさではありません。
(わかりやすいと言うより、誰かに聞かれたらやばい内容。。)

人間が日本語で「抱きしめるように語りかける」と
虫や植物はそれに答えて(実現して)くれるのだそうです。

ブンジュ村で過ごすショーゲンさんは、ある日「日本人ならできるでしょ」
と皆に言われて2つ星てんとう虫にお願いしたそうです。
「5つ星てんとう虫を夕方までに連れてきて」(抱きしめるように)
すると、なんと、夕方に2つ星てんとう虫が5つ星さんを連れて
2匹で飛んできたそうなのです。
これには、ご本人も村人も大いに驚いて大喜びしました。
「ショーゲンは、やっぱり日本人だったー!」

お花を花瓶に入れて、あ)酷い言葉を浴びせる、い)無視する
では、い)が最も早く枯れるそうです。逆に愛情たっぷりの声を
かけて優しく接すると長生きしてくれますよね?

特に日本語で優しく声をかけるのには想像以上の効果があるようです。

言霊が宿る日本語。
世界最古の言語なのではないか? と言われている日本語。
ブンジュ村でも「女性が話す日本語」に最も強い癒しの効果があると
いうお話しがありました。
意味が分からなくても、その音、響きが癒しになっているとか。
男性でも日本語で優しく話せば癒しになるそうですが、やはり
お母ちゃんにはかなわない。

しとしと、ぴちゃぴちゃ、ザーザーなど、
日本語に擬音語、擬態語がやたら多いのも、
「あらゆる音を聞き分ける事ができる民族だから」
かも知れません。


今宵、虫の音を心を静めてじっくり聞いてみませんか?
縄文に生きた愛に包まれたご先祖様に想いを馳せて。

 




さて、今年最後のお知らせです。



新年は、1月5日からの営業となります。
1月4日は、お休み中に頂いたご注文の段取りなど
行う予定でございます。

ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。



安全なお水を作るシリーズほか。
一般ネット会員様限定、年末年始20%オフクーポンをご提供。
大晦日よりお使い頂けます。

以下の3分類の商品専用(一部適用外あり)になります。

元祖コーラルサンド21

 
じあバナー

バンブークリアーバナー

クーポンコード:mur21spring
期限:令和5年12月31日〜令和6年1月15日

カートでクーポン割引が適用されていることを必ずご確認下さい。
また、会員登録されている方(一般ネット会員様)に摘要されますので
必ずログインしてから購入ください。

 
 
 

[customer_name]様と大切な方々が、いつまでも健やかで過ごせますように。
また、来年も幸多き年でありますように。



本年も、大変ご贔屓を賜り誠にありがとうございました。
お陰さまで、スタッフ一同、無事に年を越すことが出来ます。

 

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

アクセス : 571

2023/12/8配信:★ 歯肉炎と歯周炎のお話し ★

お知らせ一覧

ページトップへ


1万円以上購入で送料・代引き手数料無料。